わんちゃんの初めてのホテル

2019-01-31

いつもご利用ありがとうございます、スパンキードッグです

スパンキードッグでは当店のホテルを初めてご利用頂く際、ホテルに来られる前に「ホテルの練習」をして頂いております

その内容としては、わんちゃんを1日お預かりして、おトイレをするかどうか、ケージの中でどのような様子か、1歳に満たない子の場合ご飯を食べれるかどうか、お水を飲むかどうか、お散歩が必要な子の場合どのような歩き方をするか等々、万が一の事故を防ぐためこういった練習をお願いしております。もちろんホテル前提の練習であれば料金は頂いておりません、普段トリミング等でご来店頂いているわんちゃんはお預かりしている間バッチリ様子を見れているので練習は必要ありません

初めてホテルをご利用頂くお客様にはお手数をおかけしてしまい申し訳なく、心苦しいのですが、やはりわんちゃんの気持ちになって考えると、知らない環境、知らない人、知らない犬。

どれも目に入るだけでストレスです、お父さんお母さんはいなくなってしまうし、不安だらけです。

お年寄りの子であればそのストレスで具合が悪くなってしまう子もいますし、若い子でも下痢をしてしまう子もいます

もちろん初めての環境でも極々稀に「全然平気だよ~楽しいな~」なんて子もいますが、かなり少数です

お問い合わせの中には、「うちの子はいろんなお店に出しているから練習は必要ない」と仰られる方もおられるのですが、環境の変化、お世話する人間の変化でわんちゃんにも心境の変化が必ずあります

お家では見せない一面も初めての場所では出てしまう事もあります、命をお預かりする業務ですので、そのちょっとした変化で大きな事故につながってしまうことが無いと言い切れない以上

練習をお願いしております。

そこまで言うならその練習とやらでホントに効果あるの?と思われる方もいらっしゃると思います

一番私が練習でわんちゃんに教えたいことは、「預けられても必ずお父さんお母さんはお迎えに来る」という事です、そしてなによりそのわんちゃんとスタッフがお友達になること、わんちゃんからみて信用に足る人だよ、という事を教えたいのです

1晩以上飼い主さんがいないところで過ごすのでどうしてもネガティブになりがちです、ですのでわんちゃんの心の拠り所として「しばらくしたらお迎えが来る」という気持ちがあるのはとても大きいです。

そして「この人は僕、わたしをお世話してくれる人なんだ」という信頼関係もあれば、わんちゃんは安心してご飯も食べてくれますし、おトイレも問題なくしてくれます

わんちゃんはご飯を食べる時、おトイレの時が一番無防備になるので、環境を信頼しリラックスしていないと絶対にそれらは出来ません。

今現在ホテルをご利用頂いているわんちゃん達は皆ご飯をよく食べ、我慢することなくおトイレができ、夜はおなかを出して大の字でぐっすり寝ています(笑)

お迎えに来て頂いた際、オーナー様に自信をもって「おりこうにホテルできました」とご報告できます。

トリミングに来て頂いたり、ホテルの練習をすることでオーナー様にもご安心頂けたら幸いです。

ホテルの際、お預かりしているわんちゃんはスタッフがお店に常駐して自分の子のようにお世話しておりますので、ご安心してお預け頂ければと思います。

スパンキードッグを開店する以前は別のお店の何店舗かで働いていたのですが、ホテルの練習は行っておらず(練習をおすすめするお店自体かなり少ないと思います)預かっているわんちゃん達の様子はトラウマのようにいまだに思い出します

緊張しよだれがダラダラの子、おトイレが出来ずお腹がパンパンに張っている子、ブルブル震えてハウスから出てこず、手を出そうとすると目の色を変えてかじってくる子・・・

たかがホテルなのではなく、そこにはわんちゃんという命、感情があります。

当然それらの事故はわんちゃんのせいではなく、お世話する人間の技量、愛情不足のせいです

スパンキードッグはわんちゃんに愛情をもって接し、日々勉強してお客様に安心してもらえるお店を目指していきますので、今後もよろしくお願い致します。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スパンキードッグ ロゴ

Copyright© 2019 スパンキードッグ All Rights Reserved.

392-0016  長野県諏訪市大字豊田1235-1  長野和光ビル3F
電話: 0266-54-3377(代表) FAX:0266-54-3733
保管:第118-03012532 販売:第118-03012431
登録年月日 平成25年6月20日 有効期間 平成30年6月19日
動物取扱責任者:竹内 雅志